▲トップページ 作家別検索 分類別検索 技法・サイズ サイトマップ 商品問合わせ
★カートの確認・購入 カートについて 支払いと送料 特定商取引法の表記 メルマガ会員登録
Art Seibidou 【アート静美洞】 有限会社 アート静美洞
TEL:054-621-5261
FAX:054-621-5262
営業時間:10:00〜18:00
★絵画を日本全国へ発送
★プレゼント・ラッピングは無料
●電話・FAXでも注文可能です
E-mail:art@seibidou.com
 ★商品検索 
■サイト内リンク
▲戻る   トップページジクレー 竹久夢二

竹久夢二『立田姫』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大

技法(種別)  
ジクレー
 
額装サイズ
92×73cm

絵サイズ
72×54cm

限定300部 新品 額付 作者落款入り
 
店頭価格・ 99,360円(税込)
販売価格 49,680円(税込)

[作品のお問い合わせ]
在庫確認や納期のお急ぎの方は、ご注文前にお問合せ下さい
晩年の大作『立田姫』は、作者自身が、
「自分の一生涯における総くくりの女だ。ミス・ニッポンだよ。」
と語ったと伝えられている、作者が到達した理想の女性像です。
鮮やかな赤い着物を着て、こちらに背を向けて立つ姿は、
大胆にデフォルメされ、作者が描く美人画の特徴であるS字のポーズをとっています。

画賛の漢詩は、中国の詩人・杜甫の「歳晏行」の一部を引用したもので、
 「去年は米が高くて日常の食にも事欠き、
   今年は米が安く農民は苦しい生活をしなければならない。」
という意味です。

◆ 竹久 夢二(たけひさゆめじ)(Yumeji Takehisa)◆
1884 9月16日、岡山県邑久郡本庄村に生まれる。本名、茂次郎。
1899 神戸中学に入学。12月、同校中退。
1900 福岡県遠賀郡八幡村大字枝光に転籍。
1901 上京。
1902 早稲田実業学校に入学。
1905 「直言」にコマ絵掲載される。
    「中学世界」に“筒井筒”が第一賞入選し、投書家時代を終える。
1909 最初の著作「夢二画集・春の巻」発行。
    ベストセラーとなり、夢二の抒情画は天下にひろまる。
1912 京都府立図書館において第1回夢二作品展覧会開催。
1918 京都府立図書館において第2回竹久夢二抒情画展覧会。
1931 アメリカ・ヨーロッパへ旅立つ(昭和8年帰国)。
1934 9月1日富士見高原療養所で50歳の生涯を閉じ、有島生馬氏らにより雑司ケ谷墓地に埋葬される。

竹久夢二は、明治末から昭和初期にかけて活躍、一世を風靡した詩画人です。
大正の歌麿とも言われているように、その作品には市井のくらしに根付いた喜びや悲しみが表わされ、
一世紀に近い時を経た今も人々の心を魅了します。美人画はもちろん、
子供画や晩年は日本の山河を多く主題としました。

また、木版画の制作、楽譜や表紙装幀にも携わり、浴衣・半襟・手拭いなど日々の生活に用いるものの
デザインにも情熱を注ぎ、日本のグラフィックデザイナーの先駆者として多くの素晴らしい作品を残しました。



送料無料



[ HeRO Skin Ver 0.12 ]


Copyright© Art Seibidou corporation. All Right Reserved.