▲トップページ 作家別検索 分類別検索 技法・サイズ サイトマップ 商品問合わせ
★カートの確認・購入 カートについて 支払いと送料 特定商取引法の表記 メルマガ会員登録
Art Seibidou 【アート静美洞】 有限会社 アート静美洞
TEL:054-621-5261
FAX:054-621-5262
営業時間:10:00〜18:00
★絵画を日本全国へ発送
★プレゼント・ラッピングは無料
●電話・FAXでも注文可能です
E-mail:art@seibidou.com
 ★商品検索 
■サイト内リンク
▲戻る   トップページジクレー 天野和敏

天野和敏『恋のキューピッド』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大

技法(種別)  
ジクレー
 
額装サイズ
40×31cm

絵サイズ
24×17cm

限定100部 作家サイン入り 新品 額付
 
店頭価格・ 8,640円(税込)
販売価格 4,320円(税込)

[作品のお問い合わせ]
在庫確認や納期のお急ぎの方は、ご注文前にお問合せ下さい
■お姫さまへの手紙■
「恋のキューピッド」
〜次のお休みの日には、どんな楽しいことが待っているのだろうかと、わくわくすることを忘れてしまった時のお姫さまへ〜
お姫さま、いかがお過ごしでしょう。今回は素敵な異性と出会うためのヒントを一つご紹介致しましょう。
人は第一印象がとても大切です。なぜなら最初に受けた印象を元に、その人との付き合い方を判断する場合が多いからです。もちろん第一印象だけを良くしておいて、しばらく交流をしている間にお付き合いを断ちたいという思いにさせるような人にならないように努めなければならないことは言うまでもありません。第一印象に気を使うというのは、自分の良さが素直に伝わるようにする努力だと捉えていただいても結構でしょう。
さて、お姫さまにとって理想の自分とは、どのような自分かを思い浮かべてみましょう。
その際に自分が持って生まれた性格や素質を生かした人物像を思い浮かべるのが良いでしょう。
ここでお姫さまが必ず知っておかなければならないことは、陽陰のうちの「陽」、あるいはプラスマイナスのうちの「プラス」が“善”で、「陰」や「マイナス」が“悪”ということではないということです。
これは非常に大切な事であるにもかかわらず、誤解している人があまりにも多い問題ですので、もう少しお話しましょう。
「プラス」に代表される「男性」も“善”であり、「マイナス」に代表される「女性」も“善”です。
「動くこと」も「止まること」も、けして善か悪かの次元を表した言葉ではございません。
身体を動かすのが“善”で、休養をとることが“悪”ではないことも理解できるでしょう。
これらを理解していなければ世の中を正しく見ることができません。
人の性格にも言えることです。「大声で話し、大声で笑って仲間と、はしゃぐ楽しさ」と「穏やかな声で話し、仲間と微笑み合う楽しさ」そのどちらにも良さがあります。一方が得で、もう一方が損だというものではございません。
そのようなことを踏まえた上でご自分の素質を見極めて下さい。お姫さまに最初から備わっている特徴が必ずあります。それを早く見つけましょう。それは備えていない人からすれば、どんなに望んでも備えることは本当に難しいものです。無理に真似をしても魅力として伝わるようなものではありません。
ですから、それよりも生まれながらにして与えられている素質を磨くことに力を注ぎましょう。自分らしさを追求するということです。他の人の話し方、生き方や、お洒落の仕方、暮らし方は、少々ヒントにする程度です。
人はみな、神様から個性を与えられていますが、未完成の状態で生まれてきます。ですから、周囲の導きを得ながらも自分の力で探し、自分の力で築くことによって、神様つまり私たち天の父母様と同じ万物を管理する天宙の主人としての立場を確保する条件を満たせるように創られているのでございます。
さて、そのようにしてお姫さまがご自身に、どんどん磨きをかけていった時に、そのお姫さまの心の在り方や、そこから生じる考え方が、振る舞い方や顔つき、姿勢、体型、そして雰囲気として漂うようになった時に、その姿に対し、大きな魅力や強い衝撃を受ける異性が現れます。その瞬間について、相手の立場から見た時に、キューピッドに“恋の矢を放たれた”とか“心を射抜かれた”と表現することがあります。

■ 天野 和敏(あまの・かずとし)■
1969年 9月27日、静岡県藤枝市に生まれる。
1987年 洋画研究所に通い、本格的に絵を習い始める。
1990年 日本デザイナー学院(東京)卒業。
1995年 アトリエ・サン・クルーにて初個展。
1996年 由美画廊にて個展。
1998年 GALLERY 55を開廊する。
2001年 静岡グランシップ「アートフェスティバル静岡」に出店。
2002年 「ART PARADISE」発行開始。
   油彩画を始める。
2003年 「GALLERY 55」の名称を「天和美術館」に変更する。
   天和美術館第一回常設展開催。
2004年 天和美術館をホームページ上での運営に切り換える。
2005年 芸術世紀フェスティバル2005に油彩画「ねずみ」を出品、優秀賞を受賞する。




送料無料



[ HeRO Skin Ver 0.12 ]


Copyright© Art Seibidou corporation. All Right Reserved.