▲トップページ 作家別検索 分類別検索 技法・サイズ サイトマップ 商品問合わせ
★カートの確認・購入 カートについて 支払いと送料 特定商取引法の表記 メルマガ会員登録
Art Seibidou 【アート静美洞】 有限会社 アート静美洞
TEL:054-621-5261
FAX:054-621-5262
営業時間:10:00〜18:00
★★絵画を日本全国へ発送
★プレゼント・ラッピングは無料
●電話・FAXでも注文可能です
E-mail:art@seibidou.com
 ★商品検索 
■サイト内リンク
▲戻る   トップページ分類別検索作者別検索 > ラウル・デュフィ

ラウル・デュフィ

画像クリックで詳細ページを表示します

( 1-12 / 検索12件 )
( 1-12 / 検索12件 )


作家略歴
◆ ラウル・デュフィ(Raoul Dufy) ◆
1877 6月3日、フランスのル・アーヴルで生まれる。
    早くからコーヒー輸入会社に勤務する。
1892 市立の美術学校の夜間課程に通う。
1900 ル・アーヴル市より奨学金を得てパリに出る。
    国立美術学校に入学し、レオン・ボナのアトリエで学ぶ。
1903 アンデパンダン展に出品(〜1913年)。
1905 サロン・ドートンヌで賞賛されたマティスの作品に影響を受けフォービズムへと向かう。
1906 ベルト・ヴェイルで初めての個展、サロン・ドートンヌにも初めて出品。
1910 生活に困窮し、生活のために版画制作を行う。
    ギョーム・アポリネールと親交を結び、彼の『動物詩集』のための挿絵を木版画で制作。
1912 リヨンのビアンキーニ=フェリエ商会とデザイナー契約を結ぶ。
1919 地中海のヴァンスに滞在、木版画をやめ、リトグラフの制作をはじめる。
1921 ベルネーム=ジュンヌ画廊で個展、1932年まで定期的に展覧会を開催。
1925 モロッコへ旅行し、水彩画を制作。
1936 世界万博の電気館のパビィリオンのための巨大な装飾壁画『電気の精』の依頼を受ける。
1937 「アンデパンダン展の巨匠たち」展に34点を出品。
1950 ボストンに渡り、リューマチの治療をうける。
1952 ジュネーブの美術歴史博物館が最大規模の個展。ヴェネツッア・ビエンナーレで国際大賞を受賞。
1953 3月23日、心臓麻痺により逝去、享年75歳。




送料無料



Copyright© Art Seibidou corporation. All Right Reserved.