静美洞・掛軸 電話・FAX・営業時間
静美洞・掛軸 用途別検索 掛け軸講座 作家略歴 サイトマップ 静美洞トップページ
カートの確認・購入 カートについて 支払いと送料 特定商取引法の表記 お問い合わせ メルマガ会員

 商品検索



藤原佐理  『詩懐紙』

クリックで画像拡大
クリックすると別ページで拡大します
クリックで画像拡大  クリックで画像拡大
【技法(種別)】
コロタイプ 

【表装サイズ】
123×63cm

【絵寸法】
30×43cm

【補足説明】
表装済 紙箱 *作品は未使用ですが、経年しておりますので若干の古さがございます。観賞用には問題ございませんが、予めご了承くださいませ。
 
店頭価格・ 54,000円(税込)
販売価格 27,000円(税込)

[作品のお問い合わせ]
在庫確認や納期のお急ぎの方は、ご注文前にお問合せ下さい
 商品解説・作家略歴
■ 藤原 佐理(ふじわらのすけまさ/さり)■
天慶7年(944年)〜長徳4年(998年)
平安中期の能書家、公卿。太政大臣藤原実頼の孫、左近衛少将藤原敦敏の子。名前は「すけまさ」だが、
「さり」と有職読みすることが多い。妻は藤原為輔の娘淑子、子に頼房と藤原懐平室。
右近衛少将、参議、兵部卿、大宰大弐などを歴任し、正三位に至る。早くより能書で知られ草書の
第一人者としての評価も高く、円融、花山、一条の3天皇の大嘗会の屏風の色紙形の筆者としても活躍した。
小野道風、藤原行成とともに三蹟の一人で、流麗で躍動感のある筆跡は「佐跡」と呼ばれる。
真跡として「詩懐紙」(しかいし、国宝)のほか、「離洛帖」(りらくじょう、国宝)などの書状数点がある。
『大鏡』などによれば、佐理は酒にまつわる失敗の多い人物だったようで、如泥人(だらしのない人の意)
とも記されている。職務に関して怠慢が甚だしく、常識に欠ける面があったらしい。そのためか、
「離洛帖」をはじめ残されている書状はことごとく詫び状である。
詩懐紙は香川県歴史博物館蔵で高松松平家に伝わる国宝。「懐紙」とは書道用語では
漢詩、和歌などを一定の書式に則って書写したもののこと。平安時代の詩懐紙として現存唯一の貴重な作品。

【掛け軸寸法・体裁】
■寸法  縦123cm×横63cm
■絵寸法 縦30cm×横43cm

■表装 三段表装・風帯付
■本紙 紙本
■箱  紙箱収納
■コロタイプ作品




[ HeRO Skin Ver 0.12 ]


Copyright© Art Seibidou corporation. All Right Reserved.